南相馬アートのあそびばプロジェクト

津波の被害に加えて東電原発事故のため市域が分断され交通が制限されるなど困難な状況に置かれた南相馬市。震災からの復興をめざしてさまざまなプロジェクトが進んでいます。このプロジェクトでは南相馬の子どもたちにアートの力で楽しい遊び場を作る事をめざします。

震災及び原子力災害の影響により、市域、家族等の分断、子どもたちの遊びの制限など、未だ様々な課題を残す南相馬市において、アート的な視点から、心の癒しにしていただくとともに、子どもから高齢者まで世代を超えた「あそびば」を提供するため、市民の憩いの場として定着している南相馬市立中央図書館等において、2つのプログラムを実施します

01. 折元立身 トークイベント「アート・ママを話そう」

開催日:2012年12月2日(日)13時30分~15時00分

会 場:南相馬市立中央図書館クラフトルーム(南相馬市原町区旭町2丁目7-1)

入場料:無料

高齢の母との生活をテーマに表現活動を続けるアーティスト折元立身が自らの体験をお話しして参加者と「家族」のあり方を共有します。

» 詳細はこちら(PDF:553kb)

02. 飯野和好 絵本読み語り「おっと痛快 絵本の読み語りの旅でぃ!南相馬の宿」

開催日:2012年12月16日(日)13時30分~15時00分

会 場:南相馬市立中央図書館マルチメディアホール(南相馬市原町区旭町2丁目7-1)

入場料:無料 ※要申し込み 先着120名

環境問題にも深く関心を寄せる人気絵本作家の飯野和好が、自ら絵本「ねぎぼうずのあさたろう」の読み語りを行います。南相馬にやってきた、ねぎぼうずのあさたろう。どんな話しが出てくるか、見てのお楽しみ!お見逃しなく!

» 詳細はこちら(PDF:427kb)

お申し込み・お問い合わせ(先着120名)
南相馬市中央図書館 電話0244-23-7789
※ お申し込みは電話か図書館1階カウンターで受付します。