マッチフラッグ・プロジェクト

福島を応援し、つなぐ・つたえるアーティスト日比野克彦によるマッチフラッグ・プロジェクトがはじまります。
例えば、二つの学校、二つのまち、友との出会いで生まれる力が一枚の旗に託されます。
大きな布にお互いのシンボルマークと気持ちを込めて、色とりどりの布を切ったり貼ったりしてつくります。
一つの場所で二つのコミュニティーが活きる、二つの場所で一つの絆が生まれる。
福島県内のさまざまな場所で生まれるマッチフラッグこそ、そのシンボルなのです。

フラッグシップ・アーティスト 日比野克彦

福島藝術計画×Art Suppot Tohoku-Tokyo 2012 フラッグシップ・アーティスト。個人での作品制作のみならず、より多くの人とワークショップ形式で地域の特性を生かした創作活動を行っている。受け取り手の感受する力に焦点をあて、社会で芸術が機能する仕組みを創出する。現在、全国各地で18のアートプロジェクトが進行中。