ブログ

三島町アートスクール 6/9(土)10(日)

6/09、10、新緑に包まれた三島町の自然の中で、
親子36人が集い第1回目の週末アートスクールが実施されました。
講師に絵本作家の飯野和好さんを迎え、三島町の伝統行事「虫送り」を体験しました。


1日目はあいにくの空模様となりましたが、元児童館のアトリエをお借りしてまずは飯野さんご自身による
絵本「くろずみ小太郎旅日記 その6 怪僧わっくさ坊暴れる! の巻」の読み聞かせからスタートしました。
講談調の臨場感溢れるお話しに子供も大人も引き込まれていました。

「虫送り」にちなんで紙・布、自然のものを使った虫作りに挑戦しました。
アトリエの近くで葉っぱや木の枝を集め・・・

個性的な虫がどんどん生まれていきます。

1日目の作業を終え、夜は伝統行事「虫送り」に参加。
掛け声をかけながら子供達を中心に町中を練り歩きます。

雨模様の中、休み休みの行進が町のはずれまでたどり着き、子供達にお菓子が振舞われました。

2日目、アトリエに再び集まり虫作りを再開。

出来上がった虫たちを抱え、「虫供養」のために近くの原っぱまで行進。

制作した虫を木や葉っぱの上に置くと、今にも動きだしそうです。

悪い虫を送り、同時に供養をする。
生活に根付いた伝統行事の中には日本人らしさが感じられます。

アトリエに戻り、飯野先生によるハーモニカと缶から三味線コンサート。

最後に「ねぎぼうずのあさたろう その5 いそぎたび そばがきげんえもん」を読み聞かせしていただきました。

アートスクール終了後、参加者は三島町の工人祭りを見学して帰路へと着きました。
「虫作り」に「読み聞かせ」に子供たちの笑顔にあふれたアートスクールとなりました。(五十嵐)

2012.07.24

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前
     
     
     

    CAPTCHA