ブログ

週末アートスクール喜多方8/17(土)、18(日)

8月17日(土)、18日(日)に喜多方市小田付地区で週末アートスクールが行われました。

講師は土絵アーティストの佐藤香さん。喜多方の土でおもいきり遊びながらどろんこのアートです。

大きな壁に2日間かけて、絵を描きます。しかも使う絵具は「土」なのです!

どんな壁になるか楽しみですねー。

今回の週末アートスクールは2日間とも外での作業のため、天気が心配でしたが、

2日間とも快晴、というか、なかなかの猛暑の中の作業となりました。

13時半、参加者のみなさんも集り、ワークショップ開始です。

まずは、喜多方の町を散策しながら、絵具になりそうな土ハンティングにでかけます。

地図を見ながら、指定された土のポイントを探します。

ポイントをみつけたら採取!

1時間半ほどの散策でこんなに集りました。

(ちなみに散策の途中のおやつでは、かき氷や味噌ソフトを堪能しました。)

これから土の絵具をつくっていきますよ!

細かく砕いて~、水で溶いて~、ボンドをまぜて~

こうなります。

ひとことに土と言っても、こんなに色が違うんですねー

さっそく和紙に土の絵具で絵を描いてみましょう。

土の絵具の感触も楽しみつつ、それぞれの色を試していきます。

乾くと少し色も変わるから、それも楽しみです。

大人もいっしょにどんどん描いていきました。

一日目はこれで終了。

明日は壁を完成させますよ!と意気込んで解散。

2日目、8:50集合でしたが、みなさん遅刻せずに集ってくれました。

さぁ!がんばりましょー!

どんどん描いていきますよ。

壁だと、和紙とはまた違った描きごこちです。おもしろいー。

ひとことで言ってしまえば「茶色」で、学校で使っているような絵具ではないけれど・・・

 

なんだか描き込めば描き込むほど、カラフルに見えてくるから不思議です。

そしてお昼も近づいてきた頃。

はいー!完成しました!

もとがブロック塀とは思えませんねー。

蔵のまち・喜多方にぴったりな土の壁が出来上がりました!

土と触れ合う2日間、参加してくれたみなさん楽しんでくれたようでした。

土の色が場所によって全然違うこと、

自分の足で歩いてみないとわからない町のこと、

地面に近づかないと見つからないもの。

発見がいっぱいの週末アートスクールになりました!

みなさん、おつかれさまでした!!

 

2013.08.24

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前
     
     
     

    CAPTCHA