ブログ

週末アートスクール三島町 9/14(土)、15(日)

三島町で、今年度3回目の週末アートスクールが行われました。

会場は三島町交流センターやまびこ。

すぐ近くには三島町生活工芸館もあり、この辺りは毎年「ふるさと会津工人まつり」の会場となり賑わう場所です。

講師には華道家の片桐功敦さん。花道みささぎ流の家元で伝統的な活け花の世界を拡げる活動を続けています。

1日目13時。参加者のみなさんも会場に集り、オリエンテーションを行ったあとは、さっそくみんなでバスに乗り、

草花の採集をはじめました。

今回のワークショップは「草木をまとう 草木を飾る」。三島町の森の素材を使って、自分を飾ってしまおう!ということで

素材集めからワークショップがはじまったわけです。

みんな気になった植物をどんどん採集していきます。

改めて見てみると、その辺に生えているような草花でも、不思議なかたちをしたものや、意外とかわいい花なんかが生えていて

雑草と言ってしまうのもなんだかもったいないような気がしてきます。

さて、参加者全員が身にまとうほどの草花が必要なわけですから、かなりの量を採らなければいけません。

みんなで協力して、どんどん採集していきますよ!

どんどん!

どんどん!

これを遠くから見守るとこんな感じですね。

あと大事なこれ。今回のおやつはそばもち!三島町はそばもおいしいのです。甘じょっぱい味噌がなんともいえませんでした。

熱々をいただきました。ありがとうございました。

そして16時。採集した植物はトラックで会場へ。

お花屋さんみたいですねー。かわいい。

1日目は雨も降らず、いいお天気のなか植物採集することができました。

そして2日目。いよいよ採集した草花を自分に活けますよ。

実もこうやってつなげれば、素敵なアクセサリーになります。

みんな集って、さっそくワークショップ開始です。

さっそく片桐さんのレクチャー。

先生のお弟子さんたちも手分けして指導してくださいました。

このあみあみのネットを土台にして、活け花をしていくわけですね!

せっかくの変身なので、身体にも布をまといます。

大人も子供も、みなさん、かなり集中して制作していました。

時間が経ってくるとあちらこちらで大作の予感が・・・

完成したら、最後には記念のポートレイト撮影です。

か、か、かっこいい!!!

(ちなみに撮影したポートレイトは、後日みなさんのもとへ送られます。お楽しみに。)

あまりに素敵な作品ばかりで、撮影にもかなりの熱が入っていました。

(先生、スタッフのみなさんありがとうございました!)

今回のワークショップを通して、草花の色やかたち、そしてそれを素材にして活けることの楽しさを体感できたのではないでしょうか。

今回は9月だったけど、違う季節に行ったらまた違う雰囲気の作品ができそうですよね。

と、次回を期待して。

次の週末アートスクールは11月です。お楽しみに。

2013.09.26

コメント

コメントはまだありません。

  • この記事にコメントする
     
    Your gravatar
    名前
     
     
     

    CAPTCHA