ブログ

Archive for 8月, 2013

8月17日(土)、18日(日)に喜多方市小田付地区で週末アートスクールが行われました。

講師は土絵アーティストの佐藤香さん。喜多方の土でおもいきり遊びながらどろんこのアートです。

大きな壁に2日間かけて、絵を描きます。しかも使う絵具は「土」なのです!

どんな壁になるか楽しみですねー。

今回の週末アートスクールは2日間とも外での作業のため、天気が心配でしたが、

2日間とも快晴、というか、なかなかの猛暑の中の作業となりました。

13時半、参加者のみなさんも集り、ワークショップ開始です。

まずは、喜多方の町を散策しながら、絵具になりそうな土ハンティングにでかけます。

地図を見ながら、指定された土のポイントを探します。

ポイントをみつけたら採取!

1時間半ほどの散策でこんなに集りました。

(ちなみに散策の途中のおやつでは、かき氷や味噌ソフトを堪能しました。)

これから土の絵具をつくっていきますよ!

細かく砕いて~、水で溶いて~、ボンドをまぜて~

こうなります。

ひとことに土と言っても、こんなに色が違うんですねー

さっそく和紙に土の絵具で絵を描いてみましょう。

土の絵具の感触も楽しみつつ、それぞれの色を試していきます。

乾くと少し色も変わるから、それも楽しみです。

大人もいっしょにどんどん描いていきました。

一日目はこれで終了。

明日は壁を完成させますよ!と意気込んで解散。

2日目、8:50集合でしたが、みなさん遅刻せずに集ってくれました。

さぁ!がんばりましょー!

どんどん描いていきますよ。

壁だと、和紙とはまた違った描きごこちです。おもしろいー。

ひとことで言ってしまえば「茶色」で、学校で使っているような絵具ではないけれど・・・

 

なんだか描き込めば描き込むほど、カラフルに見えてくるから不思議です。

そしてお昼も近づいてきた頃。

はいー!完成しました!

もとがブロック塀とは思えませんねー。

蔵のまち・喜多方にぴったりな土の壁が出来上がりました!

土と触れ合う2日間、参加してくれたみなさん楽しんでくれたようでした。

土の色が場所によって全然違うこと、

自分の足で歩いてみないとわからない町のこと、

地面に近づかないと見つからないもの。

発見がいっぱいの週末アートスクールになりました!

みなさん、おつかれさまでした!!

 

7月27日(土)、28日(日)に今年度最初の週末アートスクールが行われました。

今回のアートスクールにはサブタイトルがあります。

「感じて・見て・なりきりレオナルド・ダ・ヴィンチ!?」

会場である筑波大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターで、いろんな体験をして

芸術家であり、数学者であり、科学者でもあった、レオナルド・ダ・ヴィンチになりきろう!という企画なのです。

今回の参加者は福島県在住の小中学生16名と保護者14名。いわき駅からバスで向かいます。

集合場所では筑波大学のスタッフのみなさんがカラフルなつなぎで待っていてくれました。

2日間よろしくお願いします!

バスではさっそくみんなで自己紹介と、

スタッフが、今回のテーマであるレオナルド・ダ・ヴィンチがどんな人だったのかお話してくれました。

二時間半の道のりで、筑波大学に到着です!

みんな初めての大学のキャンパスにちょっとどきどきです。

ダ・ヴィンチになる第一歩目は「大石膏室デッサン教室静物画を描く」

大石膏室こんなところでした!!

ここで各々好きなモチーフをみつけてデッサンしていきます。

 

なかには、俺は石膏像を描く!って子もいました。そしてジョルジュをチョイス。

約2時間格闘して、なかなかの力作ぞろいでした!

デッサンが終わったあとはこんなカードとシールが。

1つのプログラムが終わるごとにシールがもらえます。

全部貯めると、何かおたのしみがあるらしい!わくわくが増しますねぇ。

16時からは、林剛人丸先生による「スカイスクリューワークショップ」です。

スカイスクリューは、三角の翼がついた、どんな方向から飛ばしても垂直に飛んでいく不思議な機体。

小さいネジなどもあって少し苦戦しながらでしたが、少しずつ出来上がってきましたー。

出来上がったら外に出て飛ばしみましょう!

誰のスカイスクリューが一番飛ぶかのか!?という闘いはなかなかの白熱っぷりでした。

日も暮れてきましたが、まだ一日目のプログラムは終わっていませんよ。

食堂で夕飯を食べたあとはキャンプファイヤー!の予定でしたが、雨で中止に。残念。

でもTHEパーティー先生による「ライブパフォーマンス ダ・ヴィンチ体操!!!」は予定通り行われましたよ。

一体どんなパフォーマンスなのか、子供たち待ちきれません。

THEパーティー先生の登場です!!

まずは「おやつ」という曲で子供たちの心をがっしりととらえてくれました!

そのあとはみんなで「ダ・ヴィンチ体操」です。

ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」の登場人物13名のポーズを、ラジオ体操第一の曲に合わせて覚えていきます。

 

そして「ダ・ヴィンチ体操」子供たちからまさかのアンコール!

2回目は大人もいっしょにやりましたー。

覚えたポーズで、みんなで「最後の晩餐」を再現しました。

1日目はからだで体感するプログラムが満載で、レオナルド・ダ・ヴィンチにちょっとは近づけたかな・・・?

2日目の最初のプログラムは苅部芙美先生の「鏡文字ワークショップ」

鏡文字は左右を反転させた文字で、鏡にうつすと正常に読むことができる文字で

ダ・ヴィンチのノートなどは、この鏡文字で書かれていました。

最初は苦戦していたようですが、みんな上手に書けていました。

そして応用編。チーム対抗鏡文字クイズ大会!

コンマ一秒を争うような、早押しの真剣な熱い闘いが繰り広げられました。

鏡文字ワークショップのあとは、逢坂卓郎先生による「宇宙スライドショー」です。

先生の宇宙で制作した作品の話や宇宙ステーションの話など、いろんな映像を見せてもらいました。

宇宙の話にみんな興味深深でした。

昼食のあとはいよいよJAXAに向かいます!

ロケット音響体験やスペースドームの見学を行いました。

スペースドームではお姉さんが説明をしてくれましたよ。

いよいよ最後のプログラム!「レオナルド・ダ・ヴィンチに大変身!?」

これは・・・

まさか・・・

レオナルド・ダ・ヴィンチ!!!

最後は、一日目に描いた絵とロケットをバックに、レオナルド・ダ・ヴィンチになって記念撮影です。

チャーミングなモナリザもいました~

さあ、すべてのプログラムが終わり、シールも全部揃いました。

全部のプログラムに一生懸命取り組んでくれたみんなには、

アートスクール・イン・つくばオリジナル缶バッチがプレゼントされました!

なかなかタイトなスケジュールでしたが、ケガもなく、みなさん楽しんでくれたようで安心しました。

2日間のいろんな体験を通して、子供たちもレオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ、アートや宇宙、そしてつくばに興味を持ってくれたようです。

おうちに帰ったら、この2日間で学んだこと、おうちの人や友達にお話してみてくださいね!

そして興味を持った分野はどんどん深めていってほしいですね。

参加者のみなさん、そしてスタッフのみなさん、ありがとうございました!おつかれさまでした~